横浜市 眼科 新綱島鈴木眼科 横浜市 眼科 新綱島鈴木眼科

GREETING

院長 ごあいさつ

東急新横浜線新綱島駅・新綱島スクエア3階にある「新綱島鈴木眼科」です。
当院では、症状を詳しくお聞きし、丁寧な診察と分かりやすい説明を心掛けております。
地域の皆様に信頼される「目のかかりつけ医」を目指し、院長はじめスタッフ一同全力を尽くしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

日本眼科学会認定 眼科専門医
新綱島鈴木眼科院長
寺田(谷口)紗織


最高顧問 ごあいさつ

私は日吉東急鈴木眼科の開設以来、鈴木眼科にて白内障手術を担当させていただいております谷口(やぐち)と申します。この度、新綱島鈴木眼科開設にあたり、統括最高顧問医師に就任いたしました。私は、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院眼科教授として、21年間勤務しておりました。大学病院では、白内障手術学を専門として、臨床に携わっておりました。また、すべての患者さんに安全な白内障手術が行える様、新しい手術技術、手術器具の開発、臨床研究を行ってきました。そして、安全な白内障手術が、他の施設でどの術者でも行えるよう、若手医師の教育、学会などでの講演、教科書「白内障手術パーフェクトマスター」などを出版してきました。

さて皆さんは、アイフレイル(フレイルは「Frailty(虚弱)」の日本語訳)という言葉をご存知でしょうか。アイフレイルとは、加齢に伴って眼が衰えてきたうえに、様々な外的ストレスが加わることによって目の機能が低下した状態、また、そのリスクが高い状態のことをいいます。症状は、眼が疲れやすい、しょぼしょぼする、眼を開けるのがつらい、まぶたがぴくぴくする、夕方になると見にくくなる、瞬きをしないとはっきり見えない、まぶしく感じる、歪んで見えるなど様々です。年のせいだから仕方ないと思っておられる方も多いかと思いますが、実は白内障、緑内障、網膜の病気、ドライアイ、眼瞼痙攣など様々な眼の病気が潜んでいることがあります。当院では、眼科全般の領域の外来診療を行い、症状をよくお聞きし適切な対処法と治療を行います。アイフレイル対策にも力を入れていきます。白内障手術は、経験豊かな医師が担当し、納得の行く説明と安心、安全な手術を行います。

アイフレイル

日吉東急・新綱島鈴木眼科統括最高顧問医師
谷口重雄 (昭和大学名誉教授)

ACCESS

〒223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-9-10 新綱島スクエア3階

TEL 045‐718‐6505

眼 科

診療受付時間 ※1
9:30~12:00
14:30~17:30
  • ※1 長期連休・医師・スタッフが確保できない場合、日吉東急鈴木眼科にて合同診療となることがあります。お知らせ欄をご覧ください。
  • ※休診日:土・日曜(4月以降土曜日も開院予定)
  • ※社保・国保・生活保護・各種保険取扱い
  • 〒223-0052 横浜市港北区綱島東1-9-10新綱島スクエア3階
  • 診療時間 9:30~12:00/14:30~17:30
  • 休診日 土・日曜日(4月以降土曜日も開院予定)

ご予約・お問い合わせ

TEL 045‐718‐6505

横浜市 眼科 新綱島鈴木眼科

トップへ戻る▲